ガンダムコミック大全


ガンダムコミック大全 >> 2000年代後半 >> 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート

機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート/長谷川裕一


ストーリー

 


作品解説

 かつて「少年エース」に連載されていた「クロスボーン・ガンダム」。ガンダムコミックとしては初の富野由悠季原作によるコミックオリジナルなストーリーとして展開された。連載終了後もその人気の高さのため、その後も「少年エース」や「ガンダムエース」誌上にて番外編や外伝としていくつか短編が発表されている。それらのクロボン外伝を集め1冊の単行本としてリリースしたのが本作になる。

 本編は富野氏監修によるストーリーであったが、今回の外伝のそれぞれのストーリーはクロスボーンの前日談・後日談・ショートストーリーとしてまとまってはいるが、富野の監修は受けずに、あくまでクロボンをテーマとしてその上での長谷川節が展開されている。これらのサイドストーリーも公式・非公式とするかはまたファンの間では一悶着ありそうだが、単純にコミックとしてのおもしろさ相変わらずそこにあり、ガンダムファンならば読んでも損はしない作品になっているのではないだろうか。

 なお、以前に発表された「Vガンダム外伝」でのグレイ・ストーク(ジュドー?)が本ストーリー中でも登場しており、アンオフィシャルながらも長谷川ガンダム世界を着実に構築していて楽しい。

 今回の単行本化にあたり、導入部のプロローグが書き下ろされている。また、巻末にはメカニック解説と、カトキハジメのイラスト・コメントが収録されている。

 クロスボーン本編や外伝の掲載時にX-1改・改の名称だったものが、今回の単行本化に際して「スカルハート」という愛称が与えられている。

 なお「バカがボオルでやってくる」「海賊の宝」の2編は、ガンダムエース掲載の短編を集めた「機動戦士ガンダム THE ANTHOLOGY」にも収録されている。


収録コミック

No.
タイトル
著者名
出版社
シリーズ名
発行日
(発売日)

税込価格
(本体価格)

サイズ
ISBN
表紙
Shop
配信
a.
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
長谷川裕一
角川書店
角川コミックス・エース
2005年01月22日
(年月日)

546円
(円)

B6
4-04-713697-2
(9784047136977)

機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート/長谷川裕一
amazon.co.jp

楽天市場

Yahoo!ショッピング
amazon kindle

iBookstore

BOOK☆WALKER


初出一覧

作品名
(掲載時タイトル)

掲載誌 [号数]
出版社
発行日
(発売日)

表紙
プロローグ
描き下ろし



バカがボオルでやってくる!
(バカがボオルでやってくる!)

ガンダムエース [2002年11月号 No.7]
角川書店


月刊ガンダムエース [2002年11月号 No.7]
星の王女様
(機動戦士クロスボーン・ガンダム 番外編 星の王女様)

月刊少年エース [2003年10月号]
角川書店


月刊少年エース [2003年10月号]
海賊の宝
(機動戦士クロスボーン・ガンダム外伝 海賊の宝)

月刊ガンダムエース [2003年9月号 No.13]
角川書店


月刊ガンダムエース [2003年9月号 No.13]
最終兵士(前)
(機動戦士クロスボーン・ガンダム外伝 最終兵士・前編)

刊ガンダムエース [2003年10月号 No.14]
角川書店


月刊ガンダムエース [2003年10月号 No.14]
最終兵士(後)
(機動戦士クロスボーン・ガンダム外伝 最終兵士・後編)

月刊ガンダムエース [2003年11月号 No.15]
角川書店


月刊ガンダムエース [2003年11月号 No.15]
猿の衛星
(機動戦士クロスボーン・ガンダム 猿の衛星)

月刊ガンダムエース [2004年10月号 No.26]
角川書店


月刊ガンダムエース [2004年10月号 No.26]


関連コミック

 クロスボーン・ガンダム関連コミックはこちら

 長谷川裕一ガンダムコミックはこちら

 長谷川裕一関連コミックはこちら


関連リンク

 機動戦士クロスボーン・ガンダム - Wikipedia

 長谷川裕一 - Wikipedia


クロスボーン・ガンダム関連商品


[ガンプラ] クロスボーン・ガンダム



© 「ガンダム大全」製作委員会
ブログパーツ

inserted by FC2 system